静岡県裾野市の「ひだまり歯科クリニック」です。

設備紹介

ひだまり歯科クリニックの設備をご紹介

設備紹介

歯科治療をより安全に、より優しく清潔に。


院内連続除菌システム 
EPIOS ECOSYSTEM

様々な装置により水質改善した水をさらに電気分解し、電解中性殺菌水を生成するシステム「エピオス エコシステム」を導入しています。
うがい、手洗い、歯を削るタービンから出る水などの治療水として、診察室全体に殺菌水を使用し、万全な院内感染対策を行っています。
電解中性殺菌水は、エイズウィルス・MRSA・インフルエンザ・肝炎・黄色ブドウ球菌など、ほとんど全ての細菌・ウィルスを瞬時に殺菌できる最新の機能水なので、安心して治療が受けられます。

位相差顕微鏡
(歯周内科治療)

レントゲンには細菌は映りません。
だからこそ細菌を発見することが出来る位相差顕微鏡検査は重要なのです。虫歯や歯周病は、虫歯菌、歯周病菌が原因による感染症です。患者様の虫歯・歯周病リスクが高い奥歯から少量の汚れを取り、その場で瞬時に検査が可能です。
もちろん痛みは全くありません。

分かりやすい説明ソフト
(モリタチャーピー)

少しでも患者様の不安を取り除くため、虫歯や歯周病などの治療内容の説明はもちろんのこと、 どのように治療が行われるかをアニメーションでご覧いただけるソフトを導入しております。


高蒸気圧滅菌器による
個別滅菌

従来の物とは違い、滅菌に使用する水が使い捨てされる滅菌器を導入しており、一度使用した水は再利用いたしません。

ハンドピース専用メインテナンス装置(ルブリナ)

治療で使用するハンドピースのメンテナンスを行う器械です。 他の器具類を洗浄する方法では不可能な届かない部分の洗浄ができ、 常に治療器具を清潔に保つことを可能にしてくれます。

空気感染予防の
口腔外バキューム

治療時に口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵を発生源から捕集します。診療室に浮遊する金属や歯の削りカス、人から人に感染するB型、C型肝炎ウィルス及びエイズウィルスや風邪のウィルス、様々な細菌などは吸い込んだ人体に悪影響を及ぼす原因となっているといわれております。
口腔外バキュームはこれらの有害な浮遊物を患者さんの口元で吸引することによって診療室内をクリーンに保ち院内感染のリスクを減らします。


徹底した衛生管理
 

治療に使用する水や空気は特殊なフィルターや装置により、用途に応じて滅菌、消毒、薬剤添加しています。空調は大容量の換気装置と強制排気装置を併用しています。患者様の口腔内に入る技工物(被せ物など)も洗浄、滅菌されます。治療に使用する基本セットや、ドリルの先端はもちろんのこと、ドリルの柄の部分、その他患者様のお口に入れるものすべて滅菌処理を行い、個別にパックして保管しております。それらを患者様ごとにお取り替えしておりますので、安心して治療を受けていただけます。

口腔内CCDカメラ
 

一本の歯からお口全体まで映し出すことの出来る口腔内CCDカメラで、ご自身のお口の状態や症状を確認していただき、治療前と治療中、そして治療後を比較して、どう良くなったかをご説明しております。患者様がご自身の目で確認して理解と納得をしていただいた後に治療を行います。

座り心地のよいチェア
(シグノトレファート)

ゆったりとした感触と低反発素材を採用したシートは、患者様を心理ストレスから解消し、やさしく包み込んでリラクゼーション効果を高めます。体感できる心地よさが、患者様の緊張感を解きほぐしていきます。


超音波洗浄機
 

使用した器具を滅菌・洗浄する前に、汚れやタンパク質などの付着を取り除きます。その際に手洗いでは困難な細かい部分をキレイに洗浄してくれる、医療用の超音波洗浄器です。

痛くない電動麻酔器
(オーラスター)

患者様の治療時の痛みを最小限にするために、麻酔の注射の無痛化に努めています。麻酔の注射が痛いのは、「針の刺入時の痛み」「注射液注入時の圧力」「注射液の温度」などが原因です。これらを解決する細い注射針、コンピューター制御電動注射器です。

被ばく量の少ないデジタルエックス線撮影装置

デジタルレントゲンの最大のメリットは、少ない被爆線量で鮮明な画像が得られることです。従来のレントゲン撮影方法よりも最大10分の1の線量です。歯科は医科のレントゲンの被爆線量の10分の1、デジタルレントゲンなら更に10分の1です。


最小侵襲治療の為の光学式齲蝕検出装置(ダイアグノデントペン)

レーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定し、歯の隣接面や歯周ポケット、歯内部等の見つけにくかった虫歯を、歯を傷つけることなく発見出来る装置です。